温泉について

 

「日本人は温泉好き」と、よく言われていますが、あなたは温泉好きですか!?

 

温泉好きとされている私たち日本人は、温泉としてのイメージというと、「地下から沸き出るお湯を利用している」とか、「特別な効用のあるお湯を利用している入浴施設」とか、「山あいの入浴施設」というものが多くを占めているのではないかと思います。
その中には、ただ単に「大きな湯船に浸かることのできる入浴施設」という方もいるのではないでしょうか。

 

そもそも、温泉とはどういうものなのでしょう!?
実際に、アンケートをとった結果、「温泉=入浴施設」とイメージする方が多いことは確かなようですね。
しかし、「温泉=大きな湯船に浸かることのできる入浴施設」ということなら、街の中にある「温泉」も「銭湯」ということになりますよね。(汗)
このようなことから温泉に対する定義があまりに漠然としすぎてしまっていることがわかります。
それが「温泉=入浴施設」というイメージに繋がっているのではないでしょうか。

 

元々、温泉とは、地熱により熱せられた地下水が地中から湧き出す現象や、そのお湯のことを示す用語だったようですね。
一般的に考えられている区分については、まず地下水を、普通の地下水である「常水」と、それと異常な状態にある地下水を「鉱水」と、この二つに区別しました。
そして、更に「温泉」、「鉱水」、「鉱泉」とに細分化しました。

 

実は温泉には、「温泉法」という法律で定められた定義があることを、ご存知ですか!?
温泉法というものがあること自体、初めて知ったという人の方が多いのではないでしょうか。(汗)
温泉法は、温泉の採掘、温泉の保護に伴う災害の防止の為に昭和23年7月に公布されました。