口コミで話題のイオンのランドセルって?

何年か前にタイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童福祉施設などに寄付する流れがありましたね。

人にプレゼントしたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、プレゼントが届いた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の必要としているものが違うこともあります。

実際にこの現象のきっかけとなった人ものちに「ランドセルの寄付自体には意味がない」と言っており本当の思いは子供達の支援が広がるきっかけになればというところだったようです。

皆さんもプレゼントを贈る際は贈る対象が本当に。

本当に必要なものかを考えて贈りたいですね。

子供が小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなってしまうランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるかのどちらかが多かったですが最近では財布やパスケースにリメイクするサービスの人気が上がっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として製造されているため撥水性や強度が高いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着があるので捨てることができずかと言ってそのままでは使えないので結局邪魔になってしまいます。

例えば、パスケースにしたり、財布にして本人が使うのも良し、親族にプレゼントするのもいいですね。

最近、夏休みの時期になるとイオンや百貨店の売り場などではランドセルの特設コーナーが開かれているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性が考えられます。

実は、早い人は1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている方は早くラン活をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販での注文のみになっていることも多くできれば実物を試しておきたいですよね。

そのため工房系を狙っている人は特にメーカーもあるので今からでも情報を調べてみてはいかがでしょうか。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンはなにでしたか?多くの方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、特に低学年時に汚れないようにランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のカバーはデザイン性を損なわないシンプルなものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースでラインが入っているなどワンポイントデザインものも人気のようです。

他の人と被りたくない方はハンドメイド系のサービスで探してみても良さそうです。

初めて小学校へ入学するお子さんがいる時は教科書代など結局いくらかかるの?という印象を持つ人もいます。

色々な価格帯がありますがいいものは高くなりがちです。

実際に販売員をやっていた方の見立てによると予算3万円以上にしておくとどれを選んでもある程度高品質な製品が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという発表もあります。

その中でもできるだけ安く入手したいという場合はアウトレットランドセル検討してはいかがでしょうか。

店頭サンプルで使用されていたものや少し傷がついたB級品と呼ばれるものもあれば、一部工房系ブランドではキャンセル品などが出品されていることがあります。

ここ数年、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは祖父母と見られる大人と子供のグループがランドセル売り場に一緒に来ている光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」について評判などを調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、幅広いラインナップから試して選べることと6年間無料の修理保証があるので安心できることです。

デメリットとしては幅広いラインナップのため想定していなかった予算のものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

皆さんがランドセルをお子さんに買おうと思ったらどこで買いますか?イオンのようなショッピングモールや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで行くのも大変だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのがダメとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場へ行って現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さや価格はわかっても実際に背負ってみて軽く感じるかや丈夫さなどがわかりにくいことがあり届いた時に思ったのと違うということがあるからです。

他にも、刺繍をはじめとしたデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、通販だと選択肢が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

年々バリエーションの増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう買いましたか?まだ購入していない人もおそらく夏のうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

ランドセル業界にもトレンドは存在しているのでラン活を始めるにあたってトレンドを知っておきましょう。

女の子向けの流行は王冠の刺繍やバラを模した金具などお姫様感満載のデザインが非常に人気だったようです。

刺繍などのデザインは繊細で上品なものがここ数年の主流になっているようです。

刺繍などがないシンプルなデザインの場合では本体はブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

ここ数年で祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏休みの風物詩のようになってきましたね。

先輩ママ達がその際に重視していたポイントについて確認しておきましょう。

まず、重要視されているのがデザインや軽さです。

「本人が気に入ったもの」でも良いですが年長さんの時に「かわいい」「かっこいい」と思っていたのが小学校高学年になってもお気に入りのままかはわかりません。

同じように当時人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるデザインを選んでいる方が多いようです。

夏休み前後からはラン活も本格的になる時期です。

調査によると7月~10月が購入ピークとも言われていますが人気上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを狙っている場合は早いうちから情報を集めるなど動いておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいと言われたという話も聞きます。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算で安くなっていたり、入学3ヶ月前なら今年の人気カラーランキングや販売員側で売れ筋がわかることもあります。

小学生の時にしか使えないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では様々な色や種類が登場しています。

では、もう定番のカラーやデザインは人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番、2番人気を保っています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色合いや光沢が変われば印象も変わります。

なので、一概に赤系といっても幅広いラインナップになっています。

この前、プライベートでランドセルについて調べていたらアディダスもランドセルを作っている時代なんですね。

元気いっぱいな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の評判を集めてみたところ自社製造というわけではなく日本のメーカーが作っているようです。

そのため国内製造している日本メーカの製品と傷がつきにくくお手入れが簡単なようです。

通常の製品との大きな違いとして挙げられる点はロゴが反射プリントされているので暗い道などで背負いやすさの追求もされています。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考にして決めた結果、後悔した経験もあると思います。

それはラン活を行う際も同じです。

初めてラン活をする際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、実際にどう作られているかの情報と言われています。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるので何を選べば良いか逆に迷ってしまうという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては初めにメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンやイオンのかるすぽなどの企業は質が安定して高いです。

夏になりラン活をするにあたってイオンや百貨店の売り場などに出かけると思います。

ラン活の際にいくつか注意したい点があるので確認しておきましょう。

例えば、入学する小学校には色やデザインの指定がないかやA4フラットサイズ対応のランドセルが必要なのかです。

店頭に行った際は丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量という意味ではなく背負った時の体感重量が軽いかということを言います。

他にも万が一壊れてしまったときのために修理してくれるかどうかという修理保証が6年間ついていると安心できますね。

ここまで色々言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

初めて行うことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなどは滅多に経験しないので選ぶのに迷いがちです。

各社の製品について比較してみましたので参考にしてください。

まず、ランドセルメーカーが多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで全て行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで任せて販売のみ行う企業の3種類があります。

製造から販売まで自社で行なっている場合 製品の質はまず間違いないです。

次に製品の質が高いのは販売のみ行う企業です。

なぜかというと工場へ企画を持って行った際にこの場合は、工場側から依頼してブランドイメージ的に問題ないかチェックしています。

引用:http://www.motomessut.com/faq/ion.html