大手のETCカードの審査って本当に通らないの?

ETCカードを使って高速道路の出口を通過する際、問題なければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが起きてしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

バーが開かなかった時のためにETCレーンでは減速しながら入っていくことになっています。

もしバーが開かなかった時には接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後に焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンがあるのでスタッフの指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して処理しますがその際もETC割引は適用されるので安心してください。

高速道路の料金を自動で引き落としてくれるETC無線通行ですがネットを見ていたらいろいろな質問がありました。

それは「ETCカードを利用して給油はできますか?」という質問です。

答えから言うと、基本的にはできません。

なぜ「基本的」に不可能かと言うと、クレカ機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこのカードがクレカ機能も付いているのでしょう。

調べてみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でPAなどでクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜かなければ使えないという部分が少し面倒に感じる方もいます。

高速道路などを利用するときなどに割引が適用されたり一般レーンと比べて料金所で止まらずに通過できお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?ネット上を見てみると多くの人が同じ疑問を持っていたようです。

入れっぱなしにしている人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても悪用されにくいから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードにしようと思ったら挿入時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

できればこまめに抜き差しするクセを習慣づけしましょう。

1、2年ほど前からキャンピングカーのレンタルサービスが人気なようです。

キャンピングカーを借りるということはキャンプ場まで高速道路を利用することも多いと思います。

その際にETCカードを使おうと思う方多いと思いますがレンタカーでのETC利用自体は車載器に挿せば利用できますが旅行後にETC利用照会サービスを使って履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

ETCカードの登録をすでに行っている、もしくはETCカードの登録をすでに行っているなどの場合は新たに登録する必要はありません。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを保有するのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジットを預ければ誰でも作ることができ、平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額をデポジットとして預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえできれば携帯料金の未納など何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを保有している方との大きな違いがこの補償金の有無です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

最近ETCカードについて調べていたところあまり世間的に知られていない豆知識を見つけました。

それは、車載器がなくてもETCカードで高速道路の利用は可能ということです。

車載器が壊れてしまった時などの場合、ETC専用レーンではなく一般レーンを使い料金所係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所係員に手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由として人件費削減や渋滞の解消が目的という部分が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや様々なETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なのでカードを直接スタッフに渡すのは緊急時のみにしておきましょう。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞く回数が増えてきました。

中には独立して個人事業主として活動する人も増えています。

一見自由そうに見える個人事業主の方の多くが慣れない経理業務は面倒だと感じているそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の交通費は計上回数が多くなりがちでいちいち領収書を出して、保管して、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号・法人口座からまとめて引き落として経費としておきたいですよね。

高速道路料金支払い時に使っているETCカードの場合はどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は通常のクレジットカードと同じでクレジット機能付きの法人カード発行は設立・独立したばかりでは審査に通りにくいと言われており、しかし、クレジット機能付きの法人カード発行は独立して1年などでは審査に通りにくいことがあるようです。

皆さんは毎月のクレカの利用額はちゃんと管理できていますか?カードが2、3枚ならいいですがそれ以上お持ちの方は管理が大変ですよね。

独立起業していてプライベート用や法人用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同様の確認が必要です。

クレカでは各カード会社ごとに専用のページで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用サイトで過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーでETCを利用した場合はレンタカー会社へ事前に情報を確認していなければ照会ができなくなってしまうので注意しましょう。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

参考サイト:ETCカード審査通らない?カード作るには?【審査落ちた理由】

そんなときに利用すると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときでもETCレーンなら比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレジットカードを作る必要があり、クレカをすでに所持している場合はそのまま追加申し込みをして問題ないですが新しくクレカを申し込むときには入会審査が必要になります。

また、各カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるのでカードの利用頻度などから自分の生活環境に合うカードを探してみてください。

高速道路の料金所でストレスなく通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本の利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約9割の車で使われていたそうです。

つまり、ほとんどの方がETCを利用しているということです。

割引額に関しても東京湾アクアラインではETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンでの通常料金は約3000円と大きく異なります。

こんなに差額があるとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

カードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はマイページで追加発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時に申し込みができます。