クレジットカードのICチップ破損に注意!

近年のクレジットカードには磁気テープという記憶域は装着されておりません。
その代わりに、ICチップという金属の端子のような四角いチップが、カードの券面に埋め込まれています。
このICチップにクレジットカードのさまざまな情報が記憶されているのです。
従来の磁気テープよりも記憶容量が多く、偽造がしにくいなどのメリットがあり、より安心してクレジットカードを利用することができるようにしてくれるものなのですが、このICチップを破損してしまうと、当然ながらクレジットカードを使えなくなってしまいますので、管理にはじゅうぶん気をつけてください。
またATMなどの利用においてカードを読み取ってくれない場合は、ICチップ部分をやわらかい布などで拭いてあげると、正常に読み取ってくれることもあります。