「発酵」と「腐敗」の違いについて

腐ってしまって食べられなくなった食べ物があります。しかし、食べる事が出来る食べ物がありますよね。(笑顔)身体に良いか悪いか!?これを理解してきたのだと言えます。これが発酵食品となったのですね。

そして、今やレシピなんかも沢山ありますよね。腐敗している食べ物と発酵食品には、どちらも微生物が存在していますよね。微生物自体も生きています。ですから、どうしても食べ物が必要です。食べ物にくっついた微生物と言うものは、食べ物が持っている成分を分解します。

更に、全く新しい食べ物を作ります。こうして微生物により代謝されます。その結果として、「腐敗」と「発酵食品」に分かれています。<腐敗について>食べ物の中の成分が分解されアンモニア、硫化水素と言った腐敗臭を出します。

そして、最終的に食べられない物を作るのです。それに対して発酵があります。

<醗酵について>

これは食べ物の成分を他の栄養価がある成分に変化させます。また、旨みがある食べ物を作ります。こうした違いについては微生物の種類だけではなくて、食材が持っている成分とか、環境などがあります。また色々な要因が混ざりありますよね。その結果、出来上がる物と言えます。(笑顔)微生物にとっては生きる為の手段と言うことでもあります。こうした違いが腐敗と発酵食品にはあるのです。

発酵食品は。身体に良いですよね。それに美味しいですよね。そんなことでレシピもたくさんあります(笑顔)。