住宅ローンの審査が通りやすいのは話題になっているのでしょうか?

利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。
固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけで月々の計算もしやすく総返済額を正確に計算出来るからです。
ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないためにローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。
それなのに、低い金利が続いている今の世の中では調査によると40%の方が利用しているそうです。
是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら後から後悔のない選択が出来ると良いですね。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
厳しい審査が待っています。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はフラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
今の住宅ローンは数え切れないほど沢山の商品があり、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。
そんな時に専門のアドバイザーに相談して、ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。
今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないようです。
中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。
実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。
マイホームを購入する際は頭金が必要です。
頭金は一切かかりません!と言った宣伝も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

住宅ローン審査通りやすい?審査の流れは?【おすすめの銀行】