包茎を治したいんだけど・・手術ってどのくらい痛いの?

包茎手術中は麻酔が効いているので、手術時の痛みは感じません。
しかし、手術後麻酔が切れてくると流石に痛みを感じてきます。
病院から痛み止めと化膿止めの薬が処方されるので、痛みを感じたたら薬を飲めば楽になります。
でも皮を切除しているので切り口から血が滲んできます。
包茎の手術後は包帯を巻いているので出血によって包帯が傷口にくっついてしまうので、包帯を外す時がとても痛いです。
ぬるま湯で固まった血を溶かしながら外すのですが、完全には溶けないので少し傷口に包帯がくっついているのでこの部分が痛いのです。
我慢出来ない痛みでは無いのですが、「痛い」と言う感覚を頭にインプットしているので、恐怖感があって、余計に痛みを感じてしまう部分もあるのかもしれません。
手術後3日は痛みは覚悟しておいた方が良いです。
4日あたりから少しましになって、一週間過ぎるとましになってきます。
日常生活で気をつけないといけないのがトイレです。
ズボンのチャックを下ろして、パンツの間からペニスを取り出す時に慎重にしないと傷口を握ってしまったり、パンツに擦れたりして思わぬ痛みを感じる事もあります。
手術後直ぐは、勃起すると皮が突っ張るので痛いです。
出来るだけ勃起しないようにする事も必要ですね。
痛みの方が勝っているので流石に性欲は出てこないはずですが、人一倍性欲の強い人は性欲を抑える努力も必要ですよ。
長くても10日程我慢すれば、痛みは自然に無くなります。
その後は、今まで皮でカバーされていた亀頭が常に露出する事となるので、パンツに擦れる痛みや違和感が出てきます。
これも慣れてくれば問題ないので、ブリーフやボクサーパンツでペニスの位置を固定してやると結構楽です。
何にしろ大切に守ってやらないと自分が辛くなるから、いろいろ注意すれば痛みは防ぐ事出来るよ!
包茎手術後の状態レビュー中...(涙)【ケア方法&翌日の痛みとは?】