ウォーターサーバーの勘定科目は?

ウォーターサーバーを会社で使用する場合、勘定科目は何になるのでしょうか。
会社で導入しているので、後述する例外を除き経費の一部になりますが、利用目的によって勘定科目が異なります。
例えば来客の接待用に用意したウォーターサーバーと、従業員向けに用意されたウォーターサーバーはそれぞれ別の勘定科目になるということです。
一般的に来客用のものは販売費、または交際費として勘定します。
従業員用のものは雑費、または福利厚生費です。
来客と従業員が同一のウォーターサーバーを利用するという場合は、按分計算をします。
また、注意事項として、会社で導入していても決まった人しか使えないという場合は、経費にならないことがあります。
ウォーターサーバー音うるさい?騒音は大丈夫?【静音タイプはある?】