看護師資格取得するには?仕事内容は?

短大では看護師、そして、保健師、助産師を受験できる資格を手に入れられる総合的な教育課程があります。
大学だと看護の高度な知識を身につけられるので、専門性の高いスキルを持つ看護師を志す人にはいいのではないでしょうか。
大学は専門や短大に比べて、就学が1年多い分、保健士の勉強も行えます。
看護師の仕事内容には、どんな内容を含んでいるのでしょうか。
朝は、昨日の夜勤の担当者より、患者の情報を得て、業務の引き継ぎをします。
この業務は、夜勤や日勤の交代において必ずする「申し送り」という業務です。
その後、入院中の患者のバイタルを測定し、必要に応じて清拭や入浴介助を行います。
看護師の存在は法律上、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。
基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。
そうはいっても、患者さんの容体が突然変わってしまったり、急を要する場合には、看護師の経験や知識にもよりますが、一部の医療行為を許可されてもいいのではないかと考えています。

医療事務資格取るための勉強法とは?【独学では合格できない?】