複数借金をおまとめして返済をカンタンにするなら

おまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られており貸付金額は元金の範囲内となります。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新しい借入先を見つけ既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れてこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

ですが、消費者金融は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですから出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

複数の金融業者から借金をしていると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなので積極的に利用することをおすすめします。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車は高額商品ですから毎月の返済額が高くなってしまうのは当然です。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行が提供しているおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融の場合、マイカーローンをおまとめローンにすることはできないかもしれません。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

引用:無職おまとめローン審査通らない?銀行借りられる?【失業中は?】

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必須になる書類には本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

おまとめローン審査が難関な人は通らない理由を自己分析する必要があります。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますが平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査され問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。